FC2ブログ
プロフィール

The power for F

Author:The power for F
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

訪問者さまの数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

潜在意識による願望実現(恋愛成就)までのリアルタイムアップデート
潜在意識の活用による恋愛成就を信じて、悪戦苦闘の日々をリアルタイムに更新。。。まだ叶う気配はなし。 成就した時に、笑顔で読み返すつもりです♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

No.99 瞑想のクオリティアップのために
今回はいつもと話の趣を変えて、瞑想のテクニックについて書いてみたいと思います。

瞑想している時、『なんだか集中できないなぁ』ってこと、ありますよね。
もちろん、こんな記事を書いているパワホ自身、『どうしたらもっと集中できるだろう?』、『どうすればリアルなイメージが作れるだろう?』、と悪戦苦闘の日々です。
。。。でも、そんな悩みを持ちつつも、“その気になれば”かなり集中することが出来る技術だけは知っているので、少し紹介したいと思います。

そのテクニックとは。。。『断食』です(^^)
『断食』と聞いた途端、興味を失ってしまった方もいるかもしれませんね^^
皆さんは断食の効果についてどんなイメージを持っていますか?
人によっては、「効果なんてない。健康に悪いだけ」と言う方も居るかもしれませんが。
効果として最も多い答えは、ダイエット効果。そして、ダイエットによる悪玉コレステロールの減少etc.といった健康効果なのではないでしょうか。
ダイエットや健康効果以外では、食を絶ち苦行を行うことで己の弱さに打ち勝つ、みたいな苦行としての断食だったりするかもしれません。
確かに、修行や精神修養の世界では、断食は世界中で実践されているメジャーなものですよね。
でも、単に苦しさに耐え、忍耐力を身に付けるといったことのために世界中で実践されているのか?。。。答えは明確に『ノー』です。

実は、断食による最大の効果は、頭のクリア感というか、爽快感を高いレベルで実現して、通常では経験できない集中力や精神の充実を得ることなんですね。
そういった効果については、最近科学的にも研究されるようになりましたね。興味ない方でも、一度くらいは“長寿遺伝子”とか“サーチュイン遺伝子”、あるいは“若返り遺伝子”という言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか?
食べる量が減ると、普段は眠っているサーチュイン遺伝子にスイッチが入り、心も体も活発になるというものです。
昆虫や動物などほとんどの生き物で効果が確かめられ、寿命が30%以上も伸びる上に、見た目も非常に若々しさを維持できることが猿などでも実証されました。
さらに、減食することで、記憶力が向上することまで明らかになってきたようです。
科学的に実証され始めたことで、最近盛んに減食がもてはやされるようになっていますね。
でも、修行者の世界では、食べないことで生命活動が活性化されるというのは、2千年以上も昔から経験的によく知られていたことみたいですね。
いろんな病気は治るし、心はイキイキしてくるし、集中力は抜群になる。ということで、断食は精神修養の世界では欠かせない技術の一つなんですね。
因みに、三日間以上の断食だと、苦しさを感じなくなるので、このことからも『苦行』の意味は為さないそうです。

。。。と雑談はこの辺にしておいて、パワホの経験談を述べたいと思います。
パワホは長期間の断食の経験はありませんが、一日断食はかなりの回数行ってます。なので、一日断食に絞って書くことにします。
結論から言うと、正しく行えば、一日断食でもメンタル面で大いに効果を体験出来る反面、やり方を失敗すると、ただ苦しいだけということになってしまいます。

では、パワホのやり方を紹介します。
●初日
朝から食事を抜く(当たり前ですが^^)。と同時に水をたくさん補給する。

*意識的にたくさんの水を飲むようにしないと、脱水状態になるので注意してください。普段は意識してないけれど、実は食べ物からたくさんの水分をとっているんですね。

*人によっては、軽い頭痛などが起こるかもしれないですが、あまり酷くならないようなら心配はないと思います。

*風呂は出来るだけ控えて、シャワーなどにする方が無難です。パワホは断食中に長風呂して、具合が悪くなったことがあります。

●二日目(朝~昼)
回復食を摂り始める。
実は、断食をメンタルに活用しようと思ったら、断食そのものよりも回復食の方がポイントになります。初日に食事を全く摂らなければ、この時点で、前々日の夕食を最後に何も食べていないことになるので、36時間ほどの断食となります。
まず、軟らかい梅干をお湯で溶いた梅湯で断食を解きます。
その後、30分~1時間程度して胃が活動し始めたら、いよいよ回復食となります。
回復食のポイントは、タンパク質を食べないことと小食に気を付けることです。
肉、魚はもちろん、豆腐や大豆などの植物性のタンパク質も摂らないようにしてください。。。で、何を食べるかというと、少しの量のチョコレート(^^)、やドライフルーツ、煎餅などを、水やお茶と一緒に良く噛んで食べます。
食べる量は、少し多めのおやつ程度です。

*“絶対に”最初は、量や質を普通食にしないでください。これだけ長時間食べないと、胃は完全にリセットされているので、大きな負担になり具合を悪くしてしまいます。

●二日目(夜)
やはりタンパク質を避けるようにしますが、胃の活動状況をみつつ、少しならOKです。
量も、普段の夕食の半分くらいにしてください。まだまだ胃は普段のようには活動していないです。

●三日目
おおよそ、普段通りに戻してOKだと思いますが、体調に合わせて量は少なめで胃に負担のないものにしてください。

多分、三日目には頭の中が霧が晴れたようなクリア感を経験出来ると思います。
この爽快感を感じる時間に瞑想すると、とても楽に集中することが出来ると思います。
ちなみに、断食は細心の注意を払って行ってくださいね。かえって具合を悪くしたなんてことになりかねないので。
そして、二日以上の断食は、自己流でやるのは厳禁です。数日の断食だと、回復食の取り方がとても難しく、ちょっと肉を食べただけで死亡したという事故などもあるようなので、ちゃんと道場などの指導の下で行ってくださいね。

もともとは、願望実現の瞑想のためというより、欲を減らしていく瞑想修行のための断食なので、目的はまるで違いますが、目的は何にせよ集中力と爽快感は体験できますよ^^
では。

にほんブログ村 恋愛ブログ 片思いへ
にほんブログ村


恋愛・結婚(片思い) ブログランキングへ

スポンサーサイト

テーマ:片想い - ジャンル:恋愛

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://thepowerforf.blog.fc2.com/tb.php/95-a3c37d6a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。