FC2ブログ
プロフィール

The power for F

Author:The power for F
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

訪問者さまの数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

潜在意識による願望実現(恋愛成就)までのリアルタイムアップデート
潜在意識の活用による恋愛成就を信じて、悪戦苦闘の日々をリアルタイムに更新。。。まだ叶う気配はなし。 成就した時に、笑顔で読み返すつもりです♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

No.40 天才経営者に学ぶイメージングの改良
自分に言い聞かせる意味も込めて、感情を伴った成功イメージの持つ力の大きさについて書いてみたいと思います。
星野佳路さんという経営のエキスパートをご存知でしょうか?
TVでも特集されたりしているので知っている方も多いかと思いますが、経営破たんに追い込まれたリゾートホテルを次々に再生させているスゴ腕経営者です。。。

スゴ腕と書きましたが、実はこの方、会社の方針は社員に任せるというのを経営の信条としているんです。
例えば、ある老舗のリゾートホテルが経営破たん寸前に追い込まれ、星野さんが経営を任された時に何をするかと言えば、まず社員を招集し、今後の方針について話し合いをさせます。
ところが、社員は他の社員を否定するような意見ばかりを言うことになります。
フロントの人が「トイレの清掃がなってない」と言えば、清掃員の意見は「フロントの接客態度が悪い」といった感じです。
当然ですよね。 誰しも『自分は頑張ったのに破たんした』と思っているのだから。。。というか、みんな破たんさせまいと頑張ってきたのだから、自分に非がないというのは皆に共通する事実なんですよね。 だから悪いところ探しをしても、結局は同僚の否定になってしまいますよね。

ここで、社長の出番となります。 自分が独自に集めたお客さんへのアンケート結果を社員に伝えます。
「リピーターの年齢層は熟年女性が中心」、「このホテルにくる家族旅行客の中で、宿泊場所の決定権を持っているのは主婦」など。
そういった情報が与えられると、会議の雰囲気は一変します。
「じゃあ、料理は熟年女性が喜ぶものを中心にしよう!」とか、接待はああしよう、こうしよう、といった具合に、一気に他人を貶すのを止めて、輝いた表情で主体的にアイディアを提案し始めます。

まさにウキウキ感を伴ったリアルなイメージングの開始です! しかも、全員が一致協力して。。。
テレビの特集のまとめでは、「社員を大事にする」とか、「やる気を出させる天才」、あるいは「余計な口出しをしない」みたいなまとめ方になってましたが、一言でいえば、『リアルな成功イメージを人に持たせるプロ』と言えそうですよね♪

社員が一致団結して、同じ成功イメージを共有しているのだから、現実になる力も強力です。 100億円以上の負債を抱えて、そっぽを向かれたようなホテルでさえ再生していきます!
前向きなイメージングの持つ力の大きさについては語るまでもなく、面白いのは、社長がしたことは、自分の切り口でまとめたアンケート結果を伝えただけなんですよね。
星野さんが社員に向かって、ただ「前向きなイメージを持て」と言って社員を鼓舞したところで、きっと何も変わらないですよね。

イメージするにあたって、上手い切り口や共通点を見つけるというのは、恋愛成就にも活かせそうじゃないですか!?
例えば、いつも二人きりのデートのイメージをしているのであれば、『そう言えば、自分も彼女(彼)も動物好きだったな』などと、二人で犬を散歩させているイメージを加えてみるとか。 あるいは、デートにこだわらなくても、一緒に家計簿をつけているイメージとか。 一緒に部屋を掃除をするイメージなども意外とリアルさを引き出してくれたりするかもしれないですよね!(^^)
いろいろ工夫しながらイメージングをより一層リアルにしつつ、恋愛成就のポイントを一緒に探っていきましょう♪
では。
にほんブログ村 恋愛ブログ 片思いへ
にほんブログ村


恋愛・結婚(片思い) ブログランキングへ

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://thepowerforf.blog.fc2.com/tb.php/45-83ffcb54
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。