FC2ブログ
プロフィール

The power for F

Author:The power for F
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

訪問者さまの数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

潜在意識による願望実現(恋愛成就)までのリアルタイムアップデート
潜在意識の活用による恋愛成就を信じて、悪戦苦闘の日々をリアルタイムに更新。。。まだ叶う気配はなし。 成就した時に、笑顔で読み返すつもりです♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

No.31 人間不信とイメージング
『感情を伴ってイメージした内容は現実になる』ということを、身近に体験する場面がないだろうか?と考えてみると、願望実現とは全く逆の、"実現して欲しくないことを実現している"人達を時々目の当たりにしていることに気付いたりする。
いわゆる『被害黙想』癖の人。
「きっと、あの人は私のことを悪く言っている」とか、「こないだの○○という発言の意味は、私に対する嫌がらせに違いない」など、かなり強くネガティブな感情を伴わせて、頭の中で悪いイメージを作っている。
・・・で、どういう結果になるかと言えば、イメージした通りの結果を受け取っているよね(・・;)
悪意もなく言動したことに対して、相手から『あなたは私のことを嫌っている。嫌がらせしている』などと言われれば、それこそ本当に嫌いになってしまう。
自分の幼馴染みの友人にも、被害黙想に陥ってしまった人が居ます。 本人にとってその妄想は、将来の被害を回避するためにやっていることなので、『事態を悪くした原因は、自分の悪いイメージを作る癖にある』という考えには至りません。
結果、友人を失うたびに、さらに『あの人も、この人もきっと自分のことを陰で悪く言っているに違いない』などと妄想し、一人、また一人と友人を失ってしまいました。

もし反対に、『きっとあの人は、自分の居ないところでも、自分のことを良く言っているに違いない』とイメージする性格だったら、現実はどうなるのか?
結果は書くまでもないですよね。

このブログは片想いの成就が目的なので、ようやくここで本題に入ると、『好きな人は自分のことを嫌っている。避けている』と思った場合、どんな結果が予想されるか。。。
もし、好きな人と話すチャンスが巡ってきたとして、きっと楽しい会話にはならない。 人間誰しも、自分の普段の考えを確かめる方向にものごとを捉えるものでしょ。
ちょっとした相手の発言のたびに、『やっぱり自分を避けているのでは』って不安になっていたら、実際に避けられる結果になるのは容易に予想できる。 まさにイメージしたものは現実になる(・・;)

ただ、恋愛に限って言えば、『相手も自分を好きに違いない』とはなかなか思えないものだよね。 被害妄想の人に対しては、「そんな風に悪く考えちゃダメ」とか、「そりゃぁ、上手くいかないのは自分が悪いんだよ」
なんて平気で言ったりするのに、恋愛となると多くの人は(もちろん自分もです!)、『嫌われたかも』、『上手くいかないのでは』って思考に簡単にハマってしまう。
ここでは、それに対して"どうして"ってことは置いておいて、だからこそ瞑想・イメージングの出番なんだってことを、自分に対して言い聞かせつつ、悩みを同じくしている方々と恋愛成就に向けて頑張っていきたいと思います。

『自分なんて・・・』とか『あの人はきっと今頃・・・』っていう雑念から離れて、愛する人と最高に楽しんでいる場面や、笑顔で労りあっているイメージって、瞑想などで強制的にやらないとなかなかできないもの。
でも、継続してそんな素敵なイメージを作り続けて、それが自分にとって当たり前になっていけば、『感情を伴ってイメージしたものは現実になる』の法則がいつか実現するはず!(^^)!

瞑想って上手くいったりいかなかったり、疲れている日には面倒だったりもするけど、一緒に頑張っていきましょう♪
最高に前向きなチャレンジだもん。 今の不安はきっと人生にとって有意義なものだよね!
では。
にほんブログ村 恋愛ブログ 片思いへ
にほんブログ村


恋愛・結婚(片思い) ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://thepowerforf.blog.fc2.com/tb.php/34-9330338b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。