FC2ブログ
プロフィール

The power for F

Author:The power for F
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

訪問者さまの数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

潜在意識による願望実現(恋愛成就)までのリアルタイムアップデート
潜在意識の活用による恋愛成就を信じて、悪戦苦闘の日々をリアルタイムに更新。。。まだ叶う気配はなし。 成就した時に、笑顔で読み返すつもりです♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

No.109 『不安』の役割と対処法
願望の成就を目指してイメージングをするにあたって、『不安』という感情って厄介者ですよね。
もちろんパワホも、この不安に大いに邪魔されて悩まされているワケだけど、以前の記事でも『不安』についてはいろいろな角度から何度もネタにしてきました。
そして、あのイチローだって『不安(プレッシャー)は無くせない。不安を抱えた中でどう頑張るか、しかない』と結論している。という話や、『充実感を持って生活している人は、何かしらの不安を必ず抱えている』、という話を書かせていただきました。
そんな結論の中でも、少しでも不安を減らすことの出来る可能性のある話を書いてみたいと思います。。。(毎度ですが、自分に言い聞かせてます^^;)

人間ってどうして不安になるのだろう?。。。なんて考えたりしませんか?
不安になればなるほど、物事って上手くいかなくなってしまうのに(・・)
緊張でろれつが回らないとか、普段いとも簡単にできていることが、不安を感じた途端にできなくなるとか。。。
例えば、地べたに置いた板の上を歩くのって簡単じゃないですか? その板が空中2メートルの高さにあったら、きっと『落ちるかも』という不安でフラフラしたりしますよね。

では、何のために『不安』という感情って存在しているのでしょう?
こんな些細なことにさえ、心の法則は答えを持っているんですよね。
こころの法則で言われていることは、不安って行動を抑制するための感情なんですよね。。。当たり前だって突っ込まれそうですね^^;
やるかやらないかを決める際の『引き止め役』をするのが『不安』の感情ですよね。
。。。ということは、行動すると決めた、あるいは行動する以外に選択肢がない以上、不安は邪魔なものにしかならないってことになります。
よく考えてみると、行動すると決めた以上、不安になって失敗しても、不安無くして行動して失敗しても、ガッカリすることは同じ。。。むしろ不安になって失敗した方が後から後悔したりする。

ここで、少しでも不安を減らす方法を紹介させていただきたいと思います。
上でも書いたように、何かをやると決意した以上、不安って単なる厄介者になるワケです。だって、もうやると決めたのだから引き留め役は必要ない。
では、決意の大きさって何かと言えば。。。
『どこまで代償を払う覚悟があるか』ですよね。
これも文章にしてしまえば当たり前ですが。
なので、どこまで代償を払う覚悟があるか、をハッキリと自分で決めてしまえば不安は小さくなるワケです。
『その一線を越えるまでは頑張ろう』と決めたのだから、引き留め役は頭をもたげてこなくなる。
例えば、難関な試験にチャレンジするにしても、ただ何となく試験を受けるよりも『〇歳までは何度でも挑戦しよう!』と決めてしまえば、不安は小さくなりますよね^^。。。『〇歳までは労力を無駄にしても構わない』と決めてしまった分、引き留め役が引っ込んでくれるから気持ちが楽になる。
なので、この理屈を潜在意識の法則を頑張る場合に応用すると、『あと一年は続けてみよう』とか、『憧れの人が〇〇するまでは頑張ろう』みたいに決めてしまえば、その分不安は減ることになるんですよね。

ただ、これはあくまでも不安を“減らす”方法であって、不安をゼロにする方法はどれだけ調べても存在しないと思います。
ということで、多少なりとも皆さんと共に前向きに良いサイクルにしていければと思います(^^)
では♪

にほんブログ村 恋愛ブログ 片思いへ
にほんブログ村


恋愛・結婚(片思い) ブログランキングへ

スポンサーサイト

テーマ:片想い - ジャンル:恋愛

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://thepowerforf.blog.fc2.com/tb.php/103-1ba66366
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。