FC2ブログ
プロフィール

The power for F

Author:The power for F
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

訪問者さまの数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

潜在意識による願望実現(恋愛成就)までのリアルタイムアップデート
潜在意識の活用による恋愛成就を信じて、悪戦苦闘の日々をリアルタイムに更新。。。まだ叶う気配はなし。 成就した時に、笑顔で読み返すつもりです♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

No. 77 苦しいとき・・・
逢いたくても逢えないからといって・・・、
声が聴きたいのに聴けないからといって・・・、
連絡が欲しいのに連絡が来ないからといって・・・、
あなたの価値はちっとも減らない。
逢えない人の幸せを願う心を持っている限り。。。
パワホ

好きな人となかなか結ばれない苦しさって本当に辛いものですよね。 そんな辛い気持ちを続けているうちに、いつの間にか自分の価値を忘れてしまいがちになるもの。
そして、自分の価値を見失ったとき、・自分のことをダメ出しして「どうせ自分なんて」と、自分を責めるタイプの人も居るし、・こんなに想っている自分の気持ちを汲み取ってくれない世の中なんて最低だ、と周囲を責めるタイプの人も居る。またある人は・自分の価値を見出そうとして、闇雲に人のためになろうとしたり、上昇志向を持とうとするタイプの人も居る。
基本的に上のいずれか、あるいはそれらのミックスした心境に向かってしまうんですね。苦しい時の人の心って。
パワホがどのタイプか、自分では分かっているつもりだけど、どのタイプだとしても、欠点であるには違いないですよね。
そして、明るく、前向きでなきゃならないと思いつつ、ついつい上のような欠点を露呈するようなことをしてしまったり、言ってしまったりするワケです(・・)

本当は、苦しいときに、あくまでも明るく、元気で、前向きで・・・なんてできる筈がないんです。
ブログでは、・優しさ、・前向きさといったプラスの心が嬉しい展開を引き起こす、と繰り返し言ってるし、その通りなんんだけど、その前に心に留めておいて欲しいことは。。。
好きな人がこちらを向いてくれない、あるいはトンネルの出口が見えない、といった苦しいときにプラスの心を発揮するのって、本当は自然の摂理に反したことをやろうとしてるってことです。
だから、苦しい時に明るく出来ないからといって、自分を責める必要もないし、他人のせいにする必要もないし、人の役に立とうと焦って無理をする必要もないんですね。
だって、苦しいのだから。。。

じゃあ、好きな人と結ばれずに苦しんでいるところからどうやって抜け出せばよいのか?。。。
逢えない人、声を聴けない人、連絡をくれない人、その人が「幸せで過ごしていて欲しい。元気で居てね」と小声で、あるいは心の中で言ってみて欲しいんです。
きっと、小さな自尊心が芽生えますよ♪
決して自分はダメじゃないって。
その自尊心は、自分をダメ出しする気持ちや他人を責める気持ち、あるいは人の役に立たなきゃと焦る気持ちを和らげてくれると思いますよ。
片想いが成就できるのか、できないのか。。。誰にとっても不安な辛い時間はたくさんあって、失敗したり前向きになれないことがあっても良いんですよ。
だから。。。

あなたの価値はちっとも減らない。
逢えない人の幸せを願う心を持っている限り。。。

ではでは。

にほんブログ村 恋愛ブログ 片思いへ
にほんブログ村


恋愛・結婚(片思い) ブログランキングへ


スポンサーサイト

テーマ:片想い - ジャンル:恋愛

No.76 こころの法則でシンプルに幸せになる
自分の願いを叶えようとしたとき、どんな願いであれいろんなテクニックが存在しますよね。
恋愛成就に関して言えば、メールの書き方、喋り方、話題の選び方、表情の作り方、身だしなみ・・・etc.、言い出せばキリがないほどあるし、話を聞けばどれも『なるほど』と思わせるものがある。
。。。で、すべてを実践してみた結果、「なんとなく、あの人わざとらしい」などと言われたりすればショックだし、改めて『わざとらしくならないための振る舞い方』を覚える必要に迫られる(^^;
結局とても幸せな恋愛を実現している人に「どうやって成功したの?」と聞いてみると、「別になにも意識してない」なんて答えが返ってきたり、「相手のどこが良かったの?」って聞くと、「モテようとしたりしないところ」って答えだったりするわけです(・・)
そうなると、「モテようとしないように努力してモテたい」。。。ってのが答え(^^;??
結局、テクニック頼みの願望実現って、どこまでいっても答えに辿り着かなかったりするんですよね。

『モテようとしない人がモテている』といった事実を目の前にしたとき、学ぶべきとことは『モテようとしないこと』ではなく、『その人がこれまでどれくらい他人が楽しく生活することに貢献してきたか』、なんじゃないだろうか。。。なんて思ったりします。
友人が恋愛で困っているとき、どれくらい優しい気持ちで友人を助けようとしてきたのか。あるいは、人と人が仲良く生活できることにどれだけ貢献したのか。。。そういうことをたくさんしてきた人を傍から見たときの印象って、『あの人って、いつも自然体だなぁ』みたいなことになりそうじゃないですか。
そして、恩を受けた側は、『今度は自分が恩返しする番だ』って感じますよね。

こういうプラスの心をたくさん出力してきた人って、本人が意識しているかどうかは別にして、恋愛に関する心の貯金をたくさん持っているってことですよね!
そして、恩返ししてもらい自分が幸せになったとき、自分の恋愛について、『モテる努力なんて特にしなかったなぁ』って感想になりますよね。
だから、願望を。。。というか、どんなことであれ物事を成功させようとするとき、心の法則を信じれば信じるほど生き方ってシンプルになるはずですよね♪
。。。とここで、『じゃあ、いかにも恩返ししてくれそうな人を選んで貢献しよう』、となると、それはまたテクニック頼みってことになってしまうわけで(・・;)
こころの法則を信じる人なら、『赤の他人であっても貢献すれば、貯金の分はいつか自分に戻ってくる』と思っているから、相手を選ばず自然体で親切にできるわけです!(^^)!

とてもシンプルで楽な生き方じゃないですか。
『じゃぁ、あんたはそれが出来てるの?』って聞かないでくださいね。
少なくとも、恋愛に関しては出来てなかったから、今このブログがあるわけで^^
これを読んでいる方々と一緒に、シンプルな生活で願望を達成していきたいと思ってます♪
ではでは。

にほんブログ村 恋愛ブログ 片思いへ
にほんブログ村


恋愛・結婚(片思い) ブログランキングへ

テーマ:片想い - ジャンル:恋愛

No.75 ニュース番組を観ると願望は実現しない?
良いイメージングが出来れば願望は実現する。
言葉だけなら、あきれるくらい簡単なわけです!(^^)
しかし、この良いイメージングをするとなると、なんとも難しい。
良いイメージングをすることが難しいということに関しては、いろんな理由が言われていますね。
その中でも、今回は『感情の同居』ということについて、書いてみたいと思います。

心の法則には、感情の同居についての法則性というものがあります。
つまり、二つ以上の感情が起こるときに、どんな組み合わせはあり得て、どんなものは起こりえないのか。。。難しく言わなくとも、簡単な例としては、『後悔しながら喜ぶ』ことはできない、といった具合です。
上の例のように分かりやすいものもあるけど、組み合わせによっては、「うーん。有りそうな、無さそうな・・・」と唸ってしまうようなものもあります。
例えば、『優しい気持ちを持ちながら怒る』などです。
世の中では、「あなたのためを思うからこそ、私は怒るんだ」って言うでしょ。。。つまり、怒りと優しさの同居を主張しているわけです。
結論から言うと、怒りと優しさは同居しません(・・)
こういうのって、子供の心で考えるとシンプルなのかもしれないですね。上のような話って、純粋な子供が聞けば、「当たり前だよ」って言いそうな気がしませんか?
大人になると、「優しいから怒る」とか、「親切だから独り占めする」などといった難しいことを言い出す(^_^;)

「怒ってはいけない」などと言うと、教育上、怒らないといけない場面はある。という意見が多く出てきます。
しつけはとても大切ですよね。。。子供が危ないことをすれば親が注意するのは当然で、それは優しさですよね。
でも、・注意する、・叱る、・言い聞かせるetc.、全て『怒り』という感情抜きでやれれば、ほぼ間違いなく教育は成功するそうです。。。パワホはそんな凄いことはまだまだ出来ないですよ。念のため^^;
そこに『怒り』という感情が多く混じるほど、しつける側の意図とは違う結果になるというのが、心の法則です。。。なぜなら、『優しさ』と『怒り』は同居できないから。そして、『怒り』という心の出力は、出力した人にとって、嫌な出来事という入力として還ってくるからです。
ようやく、話の出発点に戻ってきました(^^

そこで、この話を願望イメージに当てはめると、『怒りながら良い瞑想はできない!』というシンプルな結論に達します。
良い瞑想とは、『自分と相手がともに喜んでいる』という喜び・嬉しさを伴ったリアルなイメージですよね。
怒りと喜びが同居できない、という法則がある以上、怒っていては願望実現のイメージはダメになってしまいますよね。
ちなみに『怒り』、『不安』、『嫉妬』、『後悔』などは、それぞれ組み合わせて同居できます。 だから、怒りながら起こって欲しくないことのイメージングは可能です。。。というか、そういうネガティブな感情は、嫌なイメージを実現してしまう推進力なんですね。

ここで、タイトルの小ネタです。
ニュースや報道番組って、大抵世の中に怒りを広めてますよね。
『こんな悪い奴が世の中に居ます。さぁ、みんなで怒りましょう!』と。
それを聞いて、『そうだ、そうだ』と思うのも心の法則からすると危険だけど、『そんな報道の仕方は止めれば良いのに』と言って、怒るのもやっぱり『怒り』なんですね。
だから、ネガティブな出力をしているものに触れると、余程の心の達人でない限り、触れた側もどうしてもネガティブさが伝染してしまうんですね。。。そして、多かれ少なかれ他の人にもネガティブな心を伝搬してしまう。
もちろん、どんな心を受け取っても全てプラスに変換して伝搬できるような心の達人にならば全く問題はないけど、そんな人はほとんど居ませんよね(・・;)
では、どうすれば良いか。。。初めからそういう出力に触れないようにしましょう♪
特に、瞑想する前は、怒り放出系のニュース番組などは避けて、優しい気持ちになれるような情報に触れるのが良いらしいですよ♪
では、みんなでイメージの質を向上していきましょう。

ps. パワホは週末から10日間ほど修行に行ってきます σ^^)/
ちょっとでも、今よりプラスの心を出力できる人になれるように頑張ってきます。
しばらくブログの更新やコメントへの返信はできないのですみません。
ではでは♪

にほんブログ村 恋愛ブログ 片思いへ
にほんブログ村


恋愛・結婚(片思い) ブログランキングへ


テーマ:片想い - ジャンル:恋愛

No.74 『自分の過去は幸せだった』と決めると幸せになる
今日は、『これまで自分は幸せだったんだ』と決めてしまいましょう、という話です。
『将来かならず幸せになる』と決める、ということについてはこのブログでも書いてきたし、分かりやすい前向きな話ですよね。
でも、それと同じくらいに大切なのが、『これまでも自分は幸せだったと、決めること』だろうと感じています。
ふつうは『起こってしまった過去は変えられない。だから、未来に目を向けましょう』と言いますよね。。。実際、その通りだし、未来志向ってとても大切なことだいうことに異論は全くないです。
ただ、過去に“起こったこと”は変えられないけど、それをどう解釈するかは自由なんですよね。 もっと言えば、過去をどう解釈するかが、その人の性格とも言えるんですよね!

少し例をあげると、『子供のころ、自分は引っ越したくなかったのに、親の都合で引っ越ししたせいで、大好きな○○ちゃんと離れる羽目になった』なんてことがありますよね。。。引っ越したこと自体は事実だから変えようがないわけです。
それを恨みに思うと、『だから、自分は恋愛するたびに怖くなるんだ』、とか『人を好きになっても、自分は幸せになれない』、とか、もっと極端だと『いつも親のせいで自分は苦労させられた。だから、いつも惨めな人生なのだ』などといった具合に過去を決めることになる。
これって、事実の部分だけを取り出すと、『○○ちゃんを好きになった』、『引っ越した』、『○○ちゃんと会うことがなくなった』、だけなんですよね^^
それ以外の部分は、『解釈』なわけです。
『親の勝手な都合のせいで』と解釈するか、『親が自分を食べさせるための引っ越し』と解釈するのか、それは自分が自分の意志で決めていると言えますよね。
もっと言えば、『大好きな○○ちゃんと離れることになった』という部分も、『あの時、他人の辛さ・寂しさを分かることが出来るようになったんだよなぁ』と解釈するのも、『あのせいで、自分はネガティブな性格になった』と解釈するのも、それは自分の意志でやっているわけです。

それでも、断固として『いやっ、自分は悪くないのに、いやな目にあった。ワシは絶対に恨み続けるぞ。許さんぞぉ!』と言うほど圧倒的にネガティブになる過去を持っている方にとっても、心の法則は、プラスに変換する材料を与えてくれますよ。
つらい目にあわされたことに対しては、どこからどう見ても確かに被害者かもしれないけど、その原因となる心の出力をどこかの時点で誰かに対してやっていたはず。。。 なぜなら『プラスの心には嬉しい結果』、『マイナスの心には辛い結果』というのは、変わることのない法則なのだから。。。としてしまうという力技です。

つまりは、起こった出来事に対して、どう解釈するか次第で、過去の在り様というのは一変するんですよね!(^^)!
さらに心の法則上、大切なことは、過去をどう解釈するかによって現在の『恨み』になったり『感謝』になったりする。。。同じ事実なのに!
さらにさらに、『感謝』は未来に嬉しいことを引き起こすけど、『恨み・後悔』の気持ちは辛い出来事を未来に引き寄せてしまう。
。。。ねっ、未来をどうするか決めるのと同じくらい、過去をどう解釈するかが、将来の幸せのカギを握っているでしょ♪

そして、過去の解釈を良いものにするスタート地点はというと。。。『決心』なんですよね!
どうしても辛いと感じる過去の出来事に対して、必ず『感謝』や『あれがあったおかげで○○がある』と考えるんだ!と決めてしまう。
決めてしまうと、人の心って矛盾するのがキモチ悪いから、理由を後からつけていく。。。そして、本当に過去の出来事に対する解釈が変わっていく。。。そしてそして、嬉しい出来事を引き寄せるようになる(^^)

過去の出来事は『事実』。それをどう感じるかは『解釈』
『過去をプラスに解釈する決意』によって、今が幸せになるし、未来はもっと幸せになる。という話でした♪
ではでは。

にほんブログ村 恋愛ブログ 片思いへ
にほんブログ村


恋愛・結婚(片思い) ブログランキングへ


テーマ:片想い - ジャンル:恋愛



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。