FC2ブログ
プロフィール

The power for F

Author:The power for F
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

訪問者さまの数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

潜在意識による願望実現(恋愛成就)までのリアルタイムアップデート
潜在意識の活用による恋愛成就を信じて、悪戦苦闘の日々をリアルタイムに更新。。。まだ叶う気配はなし。 成就した時に、笑顔で読み返すつもりです♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

No.104 心の貯金のジャンル分け
前回の記事の内容『欲しければ、まず与えよ』に関しての質問をいただきました。
今回は、いただいた質問に対して、パワホが分かる範囲で回答させて頂きたいと思います。

頂きました質問の内容は以下のようなものです。
①心の貯金の分類はどのように考えれば良いのか?
『嬉しさを与えたら、嬉しさが還ってくる』と捉えれば、"恋愛への貢献"と、"金銭面での貢献"を区別する必要はないのでは??。。。
②特定の相手との恋愛成就を目指すにあたって、漠然とした印象しか残っていなくても、自分で相手を特定さえしていればOKなのか?

特に二番目の質問に関しては、パワホが答えられる立場にあるかどうかは別として^^;。。。一応、知識として答えさせていただきますね。

質問①に関しては、『嬉しさを他人に与えたら嬉しさが戻ってくる』という捉え方ではなく、『他人のどんな悩みを解決してあげようとしたのか?』という、心の出力に着目していただきたいと思います。
自分が何かをした結果として相手の方が喜んでくれた、ということは、その方が何かに困っていた、あるいは不足を感じていた、ということですよね。
困っていることや不足を感じていることが解決したから『嬉しい』と感じるワケです。
体の痛みに困っている人ならば、その痛みを取り除いてあげたら相手の方は喜んでくれるし、寂しさや孤独感を感じている人に対しては、話し相手になってあげたり、気の合いそうな知人を紹介したりしてあげたら、相手の方への貢献になる。
繰り返しになりますが、何かをしてあげた時に、『嬉しい』と感じてもらえるということは、相手の方は何かに困っている(不足を感じている)こととイコールということになります。
『困っていることを解決してあげたい』、と思う気持ちが“プラスの貯金”になる、と考えれば、貯金のジャンル分けが出来そうじゃないですか。
つまり、自分が何に不足を感じているのか?、何に困っているのか?ということを考えてみた時に、それを満たすような言動を他人に対して行うことで、結果的に自分に良い展開が訪れる、とされているんですね♪

具体例をもう一つ。。。
プラスの心の出力の典型的な行為としては、献血などが考えられます。。。純粋な親切ですよね。
この場合、特に意識していなくても、献血をしようと思った時、『身体的な苦しみを無くしてあげたい』、と感じてますよね。
人によっては、身体的な苦しみを無くしてあげたいと思うのと同時に、幾らかは『輸血を受ける方が、家族との温かい日々を続けられますように』というような思いを持たれるかもしれません。
その場合の心の出力としては、『身体的な苦しみを無くしてあげたい』という心の貯金(出力)に加えて、幾らか『家族との温かい日々を過ごして欲しい』という二つの心の貯金(出力)をしたということになります。
いくらなんでも、献血をしながら、『この行為によって誰かがお金持ちになれますように』とは思わないし、無理矢理にそう思おうとしてもやっぱり本音の部分では無理があるから、金銭的なことに関して心の貯金(プラスの出力)をしたとは言えない、ということになりますよね。
心の出力の大小に関しては、特に説明するまでもないですよね。一言で言えば、“一生懸命さ”でしょうか。。。
パワホが教わったり勉強した限りでは、こんな感じで理解してます。
"誰に対して親切にすべきか?"などの、心の貯金に関しての詳細は、過去記事で何度もアップしてますので、参考にしてくださいね♪

次に、質問②に関してですが、こちらについてはどこまで正しく回答出来るか分かりませんが、概ね次のような感じだと思います。。。
パワホが過去記事で書いているような、『まるで写真か映画を観るかの如く、完璧にイメージ通りのことが起こる』という展開になるには、やはり曖昧なイメージではなく、出来れば現実と錯覚するかのようなリアルなイメージを作るに越したことはないと思います。パワホにはまだまだ出来ませんが(^^;
ただ、漠然とした曖昧なイメージであっても、嬉しさや感動といった感情が大きければ、それに応じて現実も展開するように思います。
要は、心の出力の大きさの問題だと思ってます。
相手の表情や一緒に居るシチュエーションがリアルにイメージ出来なくても、“付き合っている『気分』やそれに伴う『嬉しさ』”が大きければ、やっぱりそのように展開していくと思います。

質問②に関しては、パワホは直接教わったことはないですが、いろいろな話から想像するに、概ね上のような感じだと思います。
では、暑い日が続きますが、体調に気を付けて過ごしましょう♪

にほんブログ村 恋愛ブログ 片思いへ
にほんブログ村


恋愛・結婚(片思い) ブログランキングへ


スポンサーサイト

テーマ:片想い - ジャンル:恋愛

No.101 『無い』というためには。。。
お久しぶりです。久しぶりに更新してみることにしました♪
予め断っておきますが、今回はパワホの恋愛の話ではなく、ちょっとだけ理屈っぱい話ですのでガッカリさせてしまうかもしれません^^;

。。。で、何を理屈っぽく書くかと言えば、パワホのお師匠さんが“なぜ、強くイメージしたものは実現する、ということを確信するに至ったのか?”という経緯についてです。

お師匠さんは、『心に強くイメージしたものは実現する』という話を初めて聞いた時、『そんなハズないだろ!何をバカなことを!』って思ったそうです。
そして、『そんなハズはない』ということを確かめるために、次のようなことをしたそうです。

・教わった通り完璧に、自己流にやり方をアレンジしたりすることなく、毎日欠かさず〇時間瞑想(イメージング)する。

何時間イメージングしたのかまではパワホは聞いてません。
そして、その結果。。。
完璧にイメージが実現したそうです^^
そして、何度やっても、まるで映画を観るかの如くイメージ通りのことが起こる!
もうパワホが何を言わんとしているか、察知されたことと思います。
前回の記事に対するコメント欄で『こころの法則など存在しません』と言われる方々が想像以上に多かったので、まとめて今回の記事として返答をさせて頂こうと思った次第です。

間違っていることを論理的に「間違っている」と指摘するためには、自分自身で実行する以外に方法がない。という話です。
もし、お師匠さんが瞑想した結果、イメージが実現しなかった場合は、次のように言うことは出来ますよね。
『潜在意識の法則については、今のところ私は肯定できません。少なくとも、一日〇時間、〇〇日間続けた限りでは、それは自分にとっては事実とは言えませんでした』。。。と。

これは、歴史上、賢者と言われる方々がたびたび『世の中で言われることが、はたして本当なのかどうか』を確かめるためにやってきた方法なんですね。
パワホは、『はじめに・・』で紹介した通り、座禅などをやってきたタイプなので、賢者の中でもブッダの修行スタンスについて紹介させていただければ、と思います。
ブッダが悟りに至る以前、数年間に亘って激しい苦行を行ったことは有名ですよね。
なぜ、そこまで激しい苦行を行ったのか。。。
それは、世の中に存在している『〇〇すれば、解脱することが出来る』という実践方法を全て自分自身で究極まで試してみるためだったんですね。
『苦しむことに価値がある』と思っての苦行ではなかったのですね。
例えば、断食については、人間は40日を超えると死に至る。と今の科学でも言われています。
瞑想では新陳代謝が抑えられるし、何より身体的に恵まれていたブッダのことですから、40日くらいでは死にませんでした。
40日をはるかに超えて、60日間の断食を行った末に、次のように言いました。
『少なくとも、断食で解脱できるとは言えません。もしこれ以上の断食の先に何かがあったとしても、それは人間が救われる道ではありません。救われる前に死んでしまいます』と。
そのようにして、『〇〇すれば、解脱できる』と世に言われている方法を一つ一つ究極まで自分自身で確かめていった。
一見、どんなにバカバカしく思える方法でも、感情論や善悪論ではなく、何が真実なのかを命がけで探り続けた。。。
そして、最後に『苦行では人間は成長できません』と結論付け、体験によって得た苦行ではない別の修行法を提示して仏教が興った。

イメージングについても同じことが言えますよね。
「“心の力”なんてもん、あるワケない」と言うためには、一定期間、自己流にアレンジしたりすることなく完璧に実践してみて初めて、『一日〇時間、〇〇日間のイメージングでは、少なくとも私には何も起こりません』とだけ言うことができる、ということになります。

いろいろコメントを書いていただくことで、読者の方々の感想を知ることができます。。。
ですから、これはコメントをされた方々への批判と受け止めないでくださいね。
そもそも、イメージを実現できていないパワホが皆さんの批判など出来ようはずがありません(^^;

イメージングを疑って下さい。。。
そして、実践によって確かめてください。

次回以降で、
・『心の法則は、他人の心を好き勝手にいじるものなのか?モラル違反なのか?』
・『心の法則とは、努力無しで成功しようとする卑怯な裏ワザなのか?』
・『心の法則とは、人生全般に適用できるものなのか?それとも、たまに起こる奇跡なのか?』
・『なぜ簡単にイメージが実現できる人と出来ない人がいるのか?』
等々について書いてみたいと思います。。。と言っておきながら、いつになるか分からないので、結論だけ先に書いておきますね。
モラル違反になりませんし、裏ワザではありません(日常生活上のまっとうな努力が必要です)。奇跡でもありません。。。
理由としては、心の法則とは、自業自得の法則の上に成り立つものとされているからなんですね。

ps.ちなみに、パワホは同僚とバカ話しながら昼飯を食ってるような、そこらのサラリーマンなので、修行僧と勘違いしないでくださいね! 時々『えっ』と思うようなコメントを頂きます。。。(^^)

にほんブログ村 恋愛ブログ 片思いへ
にほんブログ村


恋愛・結婚(片思い) ブログランキングへ


テーマ:片想い - ジャンル:恋愛

No.99 瞑想のクオリティアップのために
今回はいつもと話の趣を変えて、瞑想のテクニックについて書いてみたいと思います。

瞑想している時、『なんだか集中できないなぁ』ってこと、ありますよね。
もちろん、こんな記事を書いているパワホ自身、『どうしたらもっと集中できるだろう?』、『どうすればリアルなイメージが作れるだろう?』、と悪戦苦闘の日々です。
。。。でも、そんな悩みを持ちつつも、“その気になれば”かなり集中することが出来る技術だけは知っているので、少し紹介したいと思います。

そのテクニックとは。。。『断食』です(^^)
『断食』と聞いた途端、興味を失ってしまった方もいるかもしれませんね^^
皆さんは断食の効果についてどんなイメージを持っていますか?
人によっては、「効果なんてない。健康に悪いだけ」と言う方も居るかもしれませんが。
効果として最も多い答えは、ダイエット効果。そして、ダイエットによる悪玉コレステロールの減少etc.といった健康効果なのではないでしょうか。
ダイエットや健康効果以外では、食を絶ち苦行を行うことで己の弱さに打ち勝つ、みたいな苦行としての断食だったりするかもしれません。
確かに、修行や精神修養の世界では、断食は世界中で実践されているメジャーなものですよね。
でも、単に苦しさに耐え、忍耐力を身に付けるといったことのために世界中で実践されているのか?。。。答えは明確に『ノー』です。

実は、断食による最大の効果は、頭のクリア感というか、爽快感を高いレベルで実現して、通常では経験できない集中力や精神の充実を得ることなんですね。
そういった効果については、最近科学的にも研究されるようになりましたね。興味ない方でも、一度くらいは“長寿遺伝子”とか“サーチュイン遺伝子”、あるいは“若返り遺伝子”という言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか?
食べる量が減ると、普段は眠っているサーチュイン遺伝子にスイッチが入り、心も体も活発になるというものです。
昆虫や動物などほとんどの生き物で効果が確かめられ、寿命が30%以上も伸びる上に、見た目も非常に若々しさを維持できることが猿などでも実証されました。
さらに、減食することで、記憶力が向上することまで明らかになってきたようです。
科学的に実証され始めたことで、最近盛んに減食がもてはやされるようになっていますね。
でも、修行者の世界では、食べないことで生命活動が活性化されるというのは、2千年以上も昔から経験的によく知られていたことみたいですね。
いろんな病気は治るし、心はイキイキしてくるし、集中力は抜群になる。ということで、断食は精神修養の世界では欠かせない技術の一つなんですね。
因みに、三日間以上の断食だと、苦しさを感じなくなるので、このことからも『苦行』の意味は為さないそうです。

。。。と雑談はこの辺にしておいて、パワホの経験談を述べたいと思います。
パワホは長期間の断食の経験はありませんが、一日断食はかなりの回数行ってます。なので、一日断食に絞って書くことにします。
結論から言うと、正しく行えば、一日断食でもメンタル面で大いに効果を体験出来る反面、やり方を失敗すると、ただ苦しいだけということになってしまいます。

では、パワホのやり方を紹介します。
●初日
朝から食事を抜く(当たり前ですが^^)。と同時に水をたくさん補給する。

*意識的にたくさんの水を飲むようにしないと、脱水状態になるので注意してください。普段は意識してないけれど、実は食べ物からたくさんの水分をとっているんですね。

*人によっては、軽い頭痛などが起こるかもしれないですが、あまり酷くならないようなら心配はないと思います。

*風呂は出来るだけ控えて、シャワーなどにする方が無難です。パワホは断食中に長風呂して、具合が悪くなったことがあります。

●二日目(朝~昼)
回復食を摂り始める。
実は、断食をメンタルに活用しようと思ったら、断食そのものよりも回復食の方がポイントになります。初日に食事を全く摂らなければ、この時点で、前々日の夕食を最後に何も食べていないことになるので、36時間ほどの断食となります。
まず、軟らかい梅干をお湯で溶いた梅湯で断食を解きます。
その後、30分~1時間程度して胃が活動し始めたら、いよいよ回復食となります。
回復食のポイントは、タンパク質を食べないことと小食に気を付けることです。
肉、魚はもちろん、豆腐や大豆などの植物性のタンパク質も摂らないようにしてください。。。で、何を食べるかというと、少しの量のチョコレート(^^)、やドライフルーツ、煎餅などを、水やお茶と一緒に良く噛んで食べます。
食べる量は、少し多めのおやつ程度です。

*“絶対に”最初は、量や質を普通食にしないでください。これだけ長時間食べないと、胃は完全にリセットされているので、大きな負担になり具合を悪くしてしまいます。

●二日目(夜)
やはりタンパク質を避けるようにしますが、胃の活動状況をみつつ、少しならOKです。
量も、普段の夕食の半分くらいにしてください。まだまだ胃は普段のようには活動していないです。

●三日目
おおよそ、普段通りに戻してOKだと思いますが、体調に合わせて量は少なめで胃に負担のないものにしてください。

多分、三日目には頭の中が霧が晴れたようなクリア感を経験出来ると思います。
この爽快感を感じる時間に瞑想すると、とても楽に集中することが出来ると思います。
ちなみに、断食は細心の注意を払って行ってくださいね。かえって具合を悪くしたなんてことになりかねないので。
そして、二日以上の断食は、自己流でやるのは厳禁です。数日の断食だと、回復食の取り方がとても難しく、ちょっと肉を食べただけで死亡したという事故などもあるようなので、ちゃんと道場などの指導の下で行ってくださいね。

もともとは、願望実現の瞑想のためというより、欲を減らしていく瞑想修行のための断食なので、目的はまるで違いますが、目的は何にせよ集中力と爽快感は体験できますよ^^
では。

にほんブログ村 恋愛ブログ 片思いへ
にほんブログ村


恋愛・結婚(片思い) ブログランキングへ


テーマ:片想い - ジャンル:恋愛

No.81 瞑想のやり方(追加)
今日はイメージングのやり方について、情報の追加です。
イメージングの上手い人と、そうでない人の違いについてパワホが教わった内容をアップします。
願望実現の達人と呼ばれる人達のイメージングの最大のポイントは。。。

『自分が今まさに成功を体験している感覚を持つ』

ことだそうです。
読まれている方の中には、「これまでの内容と一緒でしょ。もう何度も聞いたよ」って突っ込みたくなる人もおられるかもしれません。
もう少しちゃんと書くと、『自分が成功を体験している』感覚を持つのと、『自分が成功しているのを外から眺める』イメージングの違いに注意して欲しいと思います。

皆さんはどちらのイメージングをしているでしょうか?
どっちでも良い訳ではなく、明らかに正解と不正解があるとのこと。

前者は、今まさに好きな人と手が触れあっていたり、目が合っているような感覚ですね。。。こっちが正解です。
後者は、好きな人と一緒にいる自分や、好きな人と目が合っている自分を、外から眺めているといったイメージングです。。。このやり方は要修正だとのこと。
どれだけ、『今まさに体験しているような感覚』を作ることができるか、にかかっていると言っても過言ではないそうです。

参考になれば幸いです。
なかなか実現しないと、だんだん『とは言うものの、やっぱり無理なのでは。。。』とか、『何か月もやってたら、もう嬉しい感情を作れなくなった』なんてこともありがちですよね。
これも、大きな落とし穴。。。というか、誰にとってもその壁を超えられるかどうかが成功の分岐点とのことらしいので、いつまでも喜びを感じつつ頑張りましょう♪

そして、そんな喜びを伴ったレベルの高いイメージングが出来るように、普段の仕事や日常を、前向きに・優しく・楽しく・清々しく・感謝しつつ過ごしましょう(^^)
ではでは。

にほんブログ村 恋愛ブログ 片思いへ
にほんブログ村


恋愛・結婚(片思い) ブログランキングへ


テーマ:片想い - ジャンル:恋愛

No.75 ニュース番組を観ると願望は実現しない?
良いイメージングが出来れば願望は実現する。
言葉だけなら、あきれるくらい簡単なわけです!(^^)
しかし、この良いイメージングをするとなると、なんとも難しい。
良いイメージングをすることが難しいということに関しては、いろんな理由が言われていますね。
その中でも、今回は『感情の同居』ということについて、書いてみたいと思います。

心の法則には、感情の同居についての法則性というものがあります。
つまり、二つ以上の感情が起こるときに、どんな組み合わせはあり得て、どんなものは起こりえないのか。。。難しく言わなくとも、簡単な例としては、『後悔しながら喜ぶ』ことはできない、といった具合です。
上の例のように分かりやすいものもあるけど、組み合わせによっては、「うーん。有りそうな、無さそうな・・・」と唸ってしまうようなものもあります。
例えば、『優しい気持ちを持ちながら怒る』などです。
世の中では、「あなたのためを思うからこそ、私は怒るんだ」って言うでしょ。。。つまり、怒りと優しさの同居を主張しているわけです。
結論から言うと、怒りと優しさは同居しません(・・)
こういうのって、子供の心で考えるとシンプルなのかもしれないですね。上のような話って、純粋な子供が聞けば、「当たり前だよ」って言いそうな気がしませんか?
大人になると、「優しいから怒る」とか、「親切だから独り占めする」などといった難しいことを言い出す(^_^;)

「怒ってはいけない」などと言うと、教育上、怒らないといけない場面はある。という意見が多く出てきます。
しつけはとても大切ですよね。。。子供が危ないことをすれば親が注意するのは当然で、それは優しさですよね。
でも、・注意する、・叱る、・言い聞かせるetc.、全て『怒り』という感情抜きでやれれば、ほぼ間違いなく教育は成功するそうです。。。パワホはそんな凄いことはまだまだ出来ないですよ。念のため^^;
そこに『怒り』という感情が多く混じるほど、しつける側の意図とは違う結果になるというのが、心の法則です。。。なぜなら、『優しさ』と『怒り』は同居できないから。そして、『怒り』という心の出力は、出力した人にとって、嫌な出来事という入力として還ってくるからです。
ようやく、話の出発点に戻ってきました(^^

そこで、この話を願望イメージに当てはめると、『怒りながら良い瞑想はできない!』というシンプルな結論に達します。
良い瞑想とは、『自分と相手がともに喜んでいる』という喜び・嬉しさを伴ったリアルなイメージですよね。
怒りと喜びが同居できない、という法則がある以上、怒っていては願望実現のイメージはダメになってしまいますよね。
ちなみに『怒り』、『不安』、『嫉妬』、『後悔』などは、それぞれ組み合わせて同居できます。 だから、怒りながら起こって欲しくないことのイメージングは可能です。。。というか、そういうネガティブな感情は、嫌なイメージを実現してしまう推進力なんですね。

ここで、タイトルの小ネタです。
ニュースや報道番組って、大抵世の中に怒りを広めてますよね。
『こんな悪い奴が世の中に居ます。さぁ、みんなで怒りましょう!』と。
それを聞いて、『そうだ、そうだ』と思うのも心の法則からすると危険だけど、『そんな報道の仕方は止めれば良いのに』と言って、怒るのもやっぱり『怒り』なんですね。
だから、ネガティブな出力をしているものに触れると、余程の心の達人でない限り、触れた側もどうしてもネガティブさが伝染してしまうんですね。。。そして、多かれ少なかれ他の人にもネガティブな心を伝搬してしまう。
もちろん、どんな心を受け取っても全てプラスに変換して伝搬できるような心の達人にならば全く問題はないけど、そんな人はほとんど居ませんよね(・・;)
では、どうすれば良いか。。。初めからそういう出力に触れないようにしましょう♪
特に、瞑想する前は、怒り放出系のニュース番組などは避けて、優しい気持ちになれるような情報に触れるのが良いらしいですよ♪
では、みんなでイメージの質を向上していきましょう。

ps. パワホは週末から10日間ほど修行に行ってきます σ^^)/
ちょっとでも、今よりプラスの心を出力できる人になれるように頑張ってきます。
しばらくブログの更新やコメントへの返信はできないのですみません。
ではでは♪

にほんブログ村 恋愛ブログ 片思いへ
にほんブログ村


恋愛・結婚(片思い) ブログランキングへ


テーマ:片想い - ジャンル:恋愛



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。